ウ・カンナム氏の軌跡


ようこそ、わたしのホームページへ

あなたは人目の訪問者です。(since2003/8/21)

                                  メールを下さる方はここをクリックして下さい。


ウ・カンナム氏の軌跡


「ウ・カンナム」とは宏之の「宏」を問われる度ごとに「ウ冠にナムです」と 答えてきたことによるものです。
高校時代のキャンパスノートに最初に記した記憶があります。詩を書く高校の国語教師です。(2013年3月定年退職しました。)
もちろん散文も書けば恥も掻きます。既刊の詩集及び未刊詩篇の数々を紹介するページです。

既刊詩集

『ウ・カンナム氏の軌跡 ’70〜’81』  『続 ウ・カンナム氏の軌跡』(編集工房ノア 1998年3月刊行)   (私家版)

 


続々 ウ・カンナム氏の軌跡

1、リトル・オキナワ 2、次に会う人 3、秘密 4、思春期 5、キノコ狩り
6、藪の中 7、ハンコ 8、三つの坂 9、秋  10、通り雨
11、披露宴 12、玉入れ 13、図書室にて 14、校則 15、スギちゃん
16、最後の一句 17、紅葉の頃 18、私部の人 19、サクランボ 20、ヒトモトススキ
21、ツツジの頃 22、五十年 23、若葉の頃 24、寝言 25、卒業
26.惜別の詩 27、幹ちゃん 28、昔なじみ 29、世界のニナガワ  30、やっぱり 
31、You may go home. 32、やっぱり(再稿)       

 

        *印  『次に会う人』(編集工房ノア 2010年5月刊行)に載録しました。

 

 



                      未刊詩篇『詩合・新世紀』より

古来の歌合(うたあわせ)にならい、成立時期の離れた関連性のある二つの詩を合わせることにより、時の流れの中から新たな味わいが生まれるのではないかと思い二〇〇一年を期して整理し始めたのですが、今なお未刊です。幸せな新世紀をとの願いも込めた詩集にするつもりでした。

1,セブンティーン* 別離 2,シャッフル  祝辞 3,帰り道*  苛立ち* 4,日記*     旅愁*
5,友好     二刀流 6,安穏*      逆襲 7,卒業式*  謝辞 8,英語科講師の・・労働者*
9,密約     晩酌 10,やがて*   ゆかし*  11,会話*   晩秋 12,てっさ*  ソクラテス*
13,処世術   聞き違い 14,故事成語* こそあど言葉 15,健康法  ウォーキング  16,ハヤブサ*  激励
17,駄洒落   文化祭 18,花言葉   冬の会議 19,背泳*  夢の悪戯 20,未来   桃源郷
21,コンビニ   横断歩道 22,希求   池田の猪買い* 23,鈴木さん 冬の紅葉  
       
       

        *印  『次に会う人』(編集工房ノア 2010年5月刊行)に載録しました。

 



T U V
会話 玉入れ 駄洒落 安穏 激励 藪の中 二月 卒業
晩酌 秘密 校則 逆襲 祝辞 背泳 やがて 次に会う人
故事成語 やっぱり 年上の女性(ひと) 日記 てっさ 昔なじみ ゆかし 飯田先生を偲ぶ
卒業式 謝辞 旅愁 労働者 正月 紅葉の頃 モナリサ
ハヤブサ 帰り道 セブンティーン ソクラテス 五十年 ツルニンジン 北京同窓会
ハンコ 苛立ち 別離 池田の猪買い 富嶽借景 惜別の詩 *あとがき








        新作詩篇   還暦ソネット      待ち合わせ

                              (工事中)


    前作『次に会う人』と『待ち合わせ』するのはいつになるのか。
    還暦、定年退職を挟んでの数年間に生まれた詩の数々をほぼ成立順に並べました。
    序破急、起承転結?ともかく14行の枠に嵌めてみました。

1、親友 2、六月 3、米朝 口まかせ 4、授業評価 5、待ち合わせ 6、本日の通信簿 7、幼なじみ
8、一月の公園 9、口癖 10、若竹そば 11、許容範囲 12、対話 13、世間体 14、でもしか
15、確率・統計 16、源三位入道頼政 17、サヨナラ 18、夕暮れ 19、図書当番 20、報告 21、京都水族館
22、肩 23、愛人 24、京都府立植物園 25、海馬 26、羨望 27、文明 28、言わずもがな
29、絵本 30、ずたずたな教師 31、そうですね 32、同輩 33、鮒寿司 34、ジグソーパズル 35、最後の授業
36、民が代 37、伝説 38、歓送迎会 39、西鶴 40、東山パイン 41、白内障 42、葉状腫瘍
43、ご報告 44、大寒 45、羨望2










落ち穂拾い(アットランダム拾遺集 

 

エチ先生 卒業制作展 メモ書き 琴欧洲
 

更新の記録


ご意見、ご感想をお寄せ頂ければ幸いです