いきもののにぎわいのある森

いきもののにぎわいのある森とは…

 横浜自然観察の森では、「その地域に昔から生息している在来の多様な生物が、本来のつながり(生物間相互作用)をもって生息するための、様々な環境が保全された森のこと」と定義しています。




“にぎわいの森”コラム

 “にぎわいの森”コラム
 (友の会会報「ゴロスケ報々」YSNNewsバックナンバーから抜粋)

●バッタの好きな草原

●協働で取り組む“いきもののにぎわいのある森”づくり

●神奈川県の中の大きな緑地
●林の生き物講演会「鳴く虫からみた草むらと森」

●いきもののにぎわいのある森とは・・
 大きな森と複雑な森:その2 複雑な森に生物が多いわけ

●いきもののにぎわいのある森とは・・
  大きな森と複雑な森:その1 大きな森に生物が多いわけ


(以下カラー版にリニューアル!)

●林のいきもの講演会  タヌキの視点から森を見る
●いきもののにぎわいのある森と植物園・動物園との違い
●照葉樹の森はまっ暗け?
●森のマント クズのひみつ
●いきもののにぎわい「生物多様性」を考える
●よそから来たいきもの
●昔の林と今の林・そしてこれから
●ノウサギが安心してトイレできる草地
●とりもどそうススキの原っぱ! 



にぎわいパンフレット

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


>>>>横浜自然観察の森保全管理計画については、こちらをご覧ください。(PDFファイル,5.7MB)
(横浜市森づくりガイドラインと保全管理計画のページ)


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2007 (公財)日本野鳥の会. All rights reserved.