ウトナイ湖サンクチュアリトップに戻る




↑クリックするとPDFデータがダウンロードできます。

サンクチュアリトップに戻る

カウンター
(Since 97/08/12)
ウトナイ湖で今までに確認された野鳥は270種以上。
日本でも屈指の渡り鳥の中継地です。
公益財団法人日本野鳥の会のレンジャーが常駐しており、
ウトナイ湖の保護・管理に力を注いでいます。

2019年3月2日更新
■ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターイベントのお知らせ
  
 〜 のいろいろアート展・ウォッチング 〜
マガンやヒシクイなどのガン類の渡りシーズンにあわせ、各種イベントを下記のとおり開催します。春は最大数万羽にも及ぶガン類の壮大な景色が見られる季節です。お見逃しなく。

○第5回 のいろいろアート展
公募したガン類をテーマにした美しい写真、イラスト、マンガ、模型、七宝焼きブローチなどをネイチャーセンター館内で展示します。
開催期間:3
4月の毎週土・日曜日および祝日の計21日間



2019年3月1日更新
■ウトナイ湖野生鳥獣保護センターイベントのお知らせ
  
 〜 春を楽しむ ミニツアー 〜
日本野鳥の会のレンジャーや、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターのボランティアがセンター周辺の自然を紹介するガイドツアーです。植物の春のきざしや、オオハクチョウやカモ類、ワシ類などの野鳥を観察しましょう。

日時:3月2日(土)、3日(日) 
@午前の部:11:00〜11:30 A午後の部:14:00〜14:00
 
申し込み不要です。当日開始時刻の5分前に、野生鳥獣保護センター館内受付事務所前に集合ください。
道の駅隣接のウトナイ湖野生鳥獣保護センターでのイベントです。



2018年12月6日更新
  今夏、勇払原野で行った希少鳥類の調査結果を公表しました。
  くわしくは コチラ 




2018年9月29日更新
■自然観察路の全面通行止め解除
 台風21号と胆振東部地震による倒木の除去処理が済み、
 観察路は、全面通行が可能となりました。 
 お気をつけてご散策ください。


 ブログ『ウトナイ日記』がサーバを移行し、デザインがリニューアルしました。
  アドレスは変わらず、左記のバナーからご覧いただくことができます。
  なお移行にともない、現在、過去のブログ記事をご覧いただくことができません。
  随時、記事を再掲してまいります。ご了承ください。
 苫小牧民報に連載中の「レンジャー通信」は こちら (webみんぽう) でもご覧
  いただけます。 ※webみんぽうトップページ→特集→ウトナイ湖サンクチュアリレンジャー通信

〒059−1365北海道苫小牧市植苗150-3
TEL : 0144-58-2505
FAX : 0144-58-2521