(Since 97/08/12)
  • ウトナイ湖で今までに確認された野鳥は約270種。
  • 日本でも屈指の渡り鳥の中継地です。
  • 公益財団法人日本野鳥の会のレンジャーが常駐しており、
  • ウトナイ湖の保護・管理に力を注いでいます。

ネイチャーセンターからのお知らせ

自然観察路のご案内
現在自然観察路はすべて通行可能ですが、降雨のため一部水たまりやぬかるみとなっているところがあります。マガンのテラス〜ハクチョウのデッキまで、イソシギノテラス〜湖岸の観察小屋までの間は長靴のご利用をお勧めします。足元にお気をつけてご利用ください。
 
・蚊に注意!観察路周辺では蚊が大量発生しています。長袖、虫よけスプレーのご利用をおすすめします。

配信動画のご案内
「ウトナイ湖ラムサール条約湿地登録30周年・ウトナイ湖サンクチュアリ開設40周年記念シンポジウム」の開催内容は、ただいまYouTube日本野鳥の会公式チャンネルにてご覧いただけます。
第1部 シンポジウム第1部
第2部 シンポジウム第2部

ネイチャーセンターにおける新型コロナウィルス感染症対策について

最新の自然観察路情報をダウンロード(9月分)

所属レンジャー関連

プレスリリース2021.10.15勇払原野で希少鳥類を確認

ウトナイ湖サンクチュアリでタンチョウのヒナを確認

日本野鳥の会 オオジシギ保護調査プロジェクトFB

日本野鳥の会 シマフクロウ保護活動FB

更新履歴

                                                 




〒059−1365北海道苫小牧市植苗150-3
TEL : 0144-58-2505FAX : 0144-58-2521