ウトナイ湖サンクチュアリトップに戻る




↑クリックするとPDFデータがダウンロードできます。

サンクチュアリトップに戻る

カウンター
(Since 97/08/12)
ウトナイ湖で今までに確認された野鳥は260種以上。
日本でも屈指の渡り鳥の中継地です。
公益財団法人日本野鳥の会のレンジャーが常駐しており、
ウトナイ湖の保護・管理に力を注いでいます。

NEW
2017年7月7日更新
  勇払原野で撮影された、NHKさわやか自然百景「初夏 北海道 勇払原野」が放送されます。
  NHK総合7月9日(日)午前7時45分〜午前8時00分、
  BSプレミアム7月15日(土)午前8時15分〜午前8時30分
  公式サイトアドレス http://www4.nhk.or.jp/sawayaka/1/

  当会が保全活動を進めている勇払原野の初夏の風景や生き物が紹介されました。

2017年6月25日更新

  7月30日(日)
  
「勇払原野とことこツアー 〜夏の自然を体感しよう〜 」を開催いたします。
  
 当会が保全活動を進め、ラムサール条約の登録を目指す勇払原野の弁天沼などをレンジャーの
   案内のもとバス及び徒歩で巡ります。コヨシキリやオオジシギといった野鳥や草花などの観察、
   開拓の歴史を知ることのできる勇武津資料館の見学を通し、普段見ることのできない
   貴重で豊かな自然を体感いただけます。
   今回はネイチャーゲームなども行う予定です。歩く距離は全行程で2〜3kmほどです。
      ★ くわしくは、 
イベント情報 をご覧ください。 
         お申し込み受付は7月1日から。  皆様のお申込みをお待ちしております!
  

2017年3月1日更新
 
ウトナイ湖サンクチュアリ自然観察路 ストリートビューがアップされました
  
パソコンの前にいながら、
ウトナイ湖の散策路の雰囲気を楽しめるページです。
   ご覧になりたい方は、 
コ・チ・ラ から どうぞ!
  ストリートビューの画像は、Google の「ストリートビュートレッカーパートナープログラム」(※)に、
  当会が参加し、現地でレンジャーが撮影したものです。

  
※ストリートビュートレッカーパートナープログラムとは、ストリートビューの撮影を希望する観光協会、
    非営利団体、大学、研究機関などにGoogle がバックパック型のストリートビュー撮影機材「トレッカー」を
    無償で貸出すプログラムです。


2016年11月1日更新
  
勇払原野で今夏の繁殖期に行なった希少鳥類生息状況調査の結果を公表しました。
   詳細はコチラまで。


 2016年4月24日更新
 
  当サンクチュアリの新しい施設パンフレットが完成しました
    コチラ からダウンロードできます。
      また、ネイチャーセンターでは印刷したものを配布中です。
                    (50円以上の募金をお願いします)

  * このパンフレットは、レンジャーが編集し、苫小牧ハスカップライオンズクラブ様に
     制作いただきました。御礼申し上げます。


 ブログ『ウトナイ日記』がサーバを移行し、デザインがリニューアルしました。
  アドレスは変わらず、左記のバナーからご覧いただくことができます。
  なお移行にともない、現在、過去のブログ記事をご覧いただくことができません。
  随時、記事を再掲してまいります。ご了承ください。
 苫小牧民報に連載中の「レンジャー通信」は こちら (webみんぽう) でもご覧
  いただけます。
〒059−1365北海道苫小牧市植苗150-3
TEL : 0144-58-2505
FAX : 0144-58-2521