(Since 97/08/12)
  • ウトナイ湖で今までに確認された野鳥は約270種。
  • 日本でも屈指の渡り鳥の中継地です。
  • 公益財団法人日本野鳥の会のレンジャーが常駐しており、
  • ウトナイ湖の保護・管理に力を注いでいます。

ネイチャーセンターからのお知らせ

11月3日(水・祝)の「ウトナイ湖ラムサール条約湿地登録30周年・ウトナイ湖サンクチュアリ開設40周年記念シンポジウム」は終了いたしました。多くの皆さまにご参加いただき、誠にありがとうございました。開催内容は、ただいまYouTube日本野鳥の会公式チャンネルにてご覧いただけます

■北海道を対象とする緊急事態宣言発出の解除に伴い、ウトナイ湖サンクチュアリ(ネイチャーセンター)は10月2日(土)より開館を再開いたしました。開館は土・日曜日および祝日の9:30〜16:30です。皆様には引き続き、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、館内でのマスク着用や検温の実施などにご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ネイチャーセンターにおける新型コロナウィルス感染症対策について

最新の自然観察路情報をダウンロード(11月分)

所属レンジャー関連

プレスリリース2021.10.15勇払原野で希少鳥類を確認

ウトナイ湖サンクチュアリでタンチョウのヒナを確認

日本野鳥の会 オオジシギ保護調査プロジェクトFB

日本野鳥の会 シマフクロウ保護活動FB

更新履歴




〒059−1365北海道苫小牧市植苗150-3
TEL : 0144-58-2505FAX : 0144-58-2521