Guitar reconstruction    
     HOME    
    Fender Stratocasterノイズ対策    
    Morris acoustic 12strings     
    Gut guitar     








  Fender Stratocasterノイズ対策     
   TOP    
   先ずはピックガードの取り外しからスタートします。
ネジの頭が錆付いていて苦労しました。
   ジャックとトレモロのスプリングハンガーのハンダを溶かし、ピックアップとコントロール類を取り外します。
  コントロール類の座繰りの中は白っぽい粉がこびり付いています。おそらくバフをかけた時の塗装の粉が付いているのでしょう。
大量生産では、組み付けの時に掃除もしないのですね。
  
   取り外したピックガードの裏側です。
アルミ箔のシールドが貼られています。
純正の黒いピックガードはコントロール周りだけですが、このピックガードは一応ピックアップ周りにも貼られています。
今回はシールド効果を上げるために銅箔に張り替えます。
このアルミ箔を剥がすのに何時間もかかってしまいました。
 
   トレモロアームのキャビティーです。ブリッジの取り付けネジの先端が貫通して覗いています。
  まずはお掃除から。
白い粉をできる限りきれいにふき取ります。
  
  キャビティー内も今回は、導電塗料ではなく、銅箔テープを使ってシールドすることにしました。
キャビティーの形状に合わせて銅箔テープを切り抜きます。 
 
         切り取った銅箔をキャビティーに貼り付けます。 
  銅箔のつなぎめをはんだ付けします。  
   ピックガードはアルミ箔を剥がし、きれいにお掃除して銅箔テープを張り付けます。 
  ピックアップやコントロール類の取り付け穴に合わせて銅箔を切り取ります。  
   銅箔の継ぎ目に導電塗料をぬります。 
  塗料が剥がれないように念のため、上から銅箔テープを張っておきます。  
  ピックアップやコントロール類を取り付け、キャビティーをアースに落として一応完了です。  
  この際なのでいろいろお掃除です。
長年の汚れがたまったコントロールノブです。 
 
  爪楊枝などを駆使して溝にたまった汚れを
落としました。
  
  ピックガードを取り付ける前にボディーを磨き上げ、ついでにマスキングしてフレットも磨きました。

 作業の最初に、取り外しで苦労したのでビス類は、すべてSUSに交換しました。
   肝心のノイズのほうですが、私の小型アンプでは、ほぼ聞こえなくなりました。
ただアンプとの位置関係でノイズがでる向きがあります。


以前と比べると、全く問題ないレベルですが、欲が出て来るもので次はピックアップのシールド強化を行う予定です。
   Other photographs    
       
   Morris acoustic 12strings    
  TOP     
       
  モーリス  12弦ギター  B-20 
高校時代アメミンで活躍したギター
 


弦高が高すぎて弾きにくいため長年実家で眠っていたギターを改造しました。

ブリッジを低く成形し直し、サドルはGRAPHTECHのTUSQです。
気分で真鍮製のサドルに取り換えて使用しています。
  ピックガードは黒檀にアワビシートでインレイを入れました。
バーズアイメイプルの“木のはがき”でサウンドホールカバーを作製し、貝のロゼッタと木製バーフリングで装飾しました。                                  
   黒い塗装を剥がし、黒檀の天神板を張り付け、白蝶貝で天馬のインレイをいれました。
トラスロッドカバーもメイプル板で作成しました。
 
  ペグはゴトーのSGに交換しています。
当時は何もわからず、3弦のチューニングが合いにくいためペグが悪いのだろうと早合点し、交換したのですが、結局はナットの溝の問題でペーパーで軽く調整するだけでおさまりました。
ペグのボタンも、もっと小さいタイプを選べばよかったのですが何も考えず購入したためストリングワインダーを使用するとき隣のボタンを縦にしないとうまく回せません。  
    
       
   改造前のB-20
ヘッド・
指板・ブリッジサイドにはJockomoさんのインレイステッカーを貼っています。
   改造前のヘッドです。黒の塗り潰しにシルクスクリーン印刷したMorrisのMの1画目が歪んでいます。 
  後姿です。
ペグのボタンが大きいためヘッドが重たそう。
サウンドホールカバーの図面追加 2013/2/24   
  サウンドホールカバーの図面
  

ステージでのフィードバックやハウリング対策、また自宅練習の音量調整に役立つサウンドホールカバーですが、いかにも黒いゴムの蓋という見た目はいただけません。そこで少し見た目のいいサウンドホールカバーを設計しました。
フィードバック対策の場合は裏面にゴム板を張り付けて使用します。
       
       
       
       
       
  Gut guitar      
       
       
       
   中学生のとき初めて買ってもらったギターです。
当時はウィッシュボーン・アッシュのアンディ・パウエルが使用していたフライングVにあこがれて白い樹脂でV型のピックガードを張り付けたりしていましたが現在はTOR-TIS のピックガードに落ち着いています。
ボディーに張り付けた鳳凰のエンブレム製作は自作ギターにつながります。
サウンドホールカバーはバーズアイメイプル製で、ロゼッタはアワビシートです。

ブリッジは黒檀にアワビシートのインレイです。 

  Gibsonロゴは若気の至りです。
(近いうちに天神板を貼ってインレイを入れる予定)
しかし当時Gibson 、Fenderブランドは本当に憧れでした。

ペグはゴトー製に交換しています。
 

 
 高校の試験期間中に裏面の塗装を全部剥がしクリアを吹きました。下地処理もしないままスプレーしたのでラッカーがどんどん浸み込んでいった記憶があります。
スチール弦のテンションに負けネックとボディーがバラバラになりかけましたがボルトオンジョイントで復活 です。
       
   なぜか急にfホールを開けたくなりボディートップをアートナイフでくり抜きました。 
   木製テールピースを取り付ける前の写真 

エピフォン製中古のピックアップ
1VOLUME,1TONE

リッケン風テールピース+ストップテイルピース
ワイドトラベルブリッジ(木製ブリッジ部の左右の長さがかなり違います)

それにしても、このギターには、かなり無茶苦茶な事をしていますが未だ現役で頑張ってくれています。
       
   TOP    
    HOME