●横浜自然観察の森●  
 
 
 
■開 館 9:00〜16:30 
■休館日
 月曜日(祝日の場合その翌日)
 年末年始(12/28〜1/4)
■園内の利用時間
 日の出から日の入りまで
 自然観察センター休館中も
 利用できます
■〒247-0013
 神奈川県横浜市栄区上郷町
 1562-1
■電話 045-894-7474 
■FAX 045-894-8892
■E-mail
 yokohama-nc☆wbsj.org
  ※ ☆を@に変えてメールを
    送信してください。



ガイドマップが
ダウンロードできます(PDFファイル)


●「横浜つながりの森」(円海山周辺)マップや通行止め情報はこちら




メルマガ登録・解除
横浜自然観察の森メルマガ
★登録はこちらから!
(別サイトにジャンプ
します)
powered by まぐまぐ!
 
<Twitter>
横浜自然観察の森レンジャー【公式】
@YokohamaNSanc


指定管理者

 


横浜自然観察の森は、横浜市の南端、鎌倉市との境にあります。
周囲の市民の森と一体となって市内最大の緑地を形作り、
港南台、金沢文庫、鎌倉にかけてのハイキングコースがあります。

 起伏のある丘陵地で、雑木林、草地・広場、池、湿地、源流があり、
散策しながら自然観察を楽しむことができます。
近くには横浜市最高峰・大丸山(おおまるやま)もあります。
拠点の自然観察センターでは、生きものを紹介する展示や、
自然を楽しむイベントを実施しています。

「いきもののにぎわいのある森(生物多様性の保全された森)の保全」を
横浜市、ボランティア「横浜自然観察の森友の会」、
運営担当の(公財)日本野鳥の会が協働で進めています。



★更 新 情 報★

2020/05/29 森の家口および駐車場の再開についてのお知らせを更新しました。
2020/05/28
自然観察センター再開についてのお知らせを掲載しました。
2020/04/29
家や身近な自然で楽しむコンテンツを追加しました。トップページ下方をごらんください。
2020/04/02
研修室利用案内をを変更しました。
団体利用ページ下部よりご覧ください。


お知らせ


★自然観察センター再開についてのお知らせ
自然観察センターは6月2日(火)より再開いたします。
再開後のご利用にあたっては、次の事にご協力ください。
ご理解とご協力をお願いいたします。

入館に際してのお願い
・次の方は、来園、入館をお控えください。
  - 37.5℃以上の発熱がある
  - 咳、くしゃみ、鼻水、咽頭痛など風邪のような症状がある
・万が一、館内で感染者が発生した場合に備え、
 利用者情報シートの記入にご協力ください。
 (お預かりした個人情報は、利用目的以外一切使用しません)
・館内でのマスク等の着用、咳エチケットの励行をお願いします。
・ 手指の消毒や、トイレで石けんでの手洗い励行をお願いします。
・館内では他の人との距離を2メートル程度あけてください。
 (混雑時には入場制限をさせていただく場合があります)
・ 多人数のグループや団体での利用はご遠慮ください。
・館内での長時間の滞在はご遠慮ください。

【詳しくはこちらをご覧ください】


★森の家口通行止め解除ならびに駐車場の再開について
6月2日(火)より森の家口の通行止めを解除します。
6月2日(火)より上郷・森の家駐車場の利用が再開されます。
森の家口および駐車場の利用時間は、
当面の間、9時〜17時とします

駐車場の詳細は上郷・森の家にお問い合わせください。

★開閉園の時間を設けました★
4月1日より開閉園の時間を設けました。
日の出から日の入りの時間を目安にご利用ください。
なお、ゲートは閉じません。

★台風15号、19号による影響★
鎌倉・天園方面は通行止めとなっています。





申込みの際は、当施設のEメールが受信できるようにセキュリティの設定をお願いします。
5月31日(日)までのイベントは中止です
6月以降についても開催を検討中です


家や身近な自然で楽しむコンテンツ
おうちでネイチャー●

第一弾 春のおさんぽビンゴ



横浜自然観察の森 にぎわいの森生きものガイド
 

 横浜自然観察の森の四季の生きものを観察し、楽しむためのガイドブックが完成しました!学校学習はじめ観察会で使えるワークシートも収録しています。市内5カ所にあるウェルカムセンターのガイドブック第1弾です。

 こちらからダウンロードして下さい。(横浜市のHPにリンクします)
 
tosino ブックレット「都市の森の自然保護」
 

 「都市の森の自然保護 横浜自然観察の森の30年」が日本野鳥の会より発行されました。開園から森の動植物がどのように移り変わってきたか、森を守るボランティアグループ「友の会」が、どのように活動してきたか、が1冊でわかります。

<ブックレット入手方法はこちら>


 
調査報告
 
 この森で行われた調査研究活動の報告書を発行しています。
レンジャーをはじめ、ボランティアグループ"横浜自然観察の森友の会"や、この森をフィールドに活動する研究者による記事も掲載しています。最新は2018年度版です。
 
 ■□■こちらから閲覧できます■□■





Copyright (c) 2007 (公財)日本野鳥の会. All rights reserved.