サンクチュアリの
トップに戻る


当会がこの地域で2000年度から3年間行った鳥類調査の結果、以下のことが明らかになりました。 


  勇払原野で記録された野鳥は276種類(国内記録の約半分!)

→釧路湿原と同じように、森林と湿原を併せた環境を持ちながら、釧路湿原やサロベツ原野で行われた類似の調査よりも種類数が多かった。 


  絶滅に瀕した希少鳥類が18種類も!

→特に苫小牧東部開発地域はシマアオジ、チュウヒにとって国内有数の重要な繁殖地で、弁天沼はガン類やオオジシギの生息数が「ラムサール条約」の基準を満たしている。





                 勇払原野で記録のある希少鳥類
 CR:絶滅危惧IA類,EN:絶滅危惧IB類,VU:絶滅危惧II類,NT:準絶滅危惧,
 DD:情報不足,N:留意種,R:希少種
 注1)ヒシクイのみ亜種によって環境省RDBのランクが分かれているため亜種別に記述



   


   
       シマアオジ
   環境省RDB絶滅危惧TA類。
   北海道全域で生息域や個体数が
   減少している。

        チュウヒ
   環境省RDB絶滅危惧TB類。
   勇払原野は日本の重要な繁殖地
   のひとつ。


   

   
       サンカノゴイ
   環境省RDB絶滅危惧TB類。
   繁殖の可能性が高い。

        アカモズ
   環境省RDB絶滅危惧TB類。
   近年個体数が全国的に激減している。


   

   
       タンチョウ
   環境省RDB絶滅危惧U類。
   将来繁殖する可能性がある。

        オオジシギ
   環境省RDB準絶滅危惧。
   弁天沼は日本有数の渡りの中継地。


   

   
       オオワシ
   環境省RDB絶滅危惧U類。
   越冬地として利用する。

        オジロワシ
   環境省RDB絶滅危惧TB類。
   越冬地の他、1つがいが繁殖の可能性。


   

   
       マガン
   環境省RDB準絶滅危惧。
   勇払原野は日本有数の渡りの中継地。

        ヒシクイ
   環境省RDB絶滅危惧U類。
   勇払原野は日本有数の渡りの中継地。







勇払原野とは?
勇払原野の野鳥
勇払原野保全構想



勇払原野保全プロジェクト トップへ
〒059−1365北海道苫小牧市植苗150-3
TEL : 0144-58-2505FAX : 0144-58-2521