ウトナイ湖サンクチュアリトップに戻る

サンクチュアリトップに戻る


 ウトナイ湖サンクチュアリには、(公財)日本野鳥の会のレンジャーが常駐しており、
 ウトナイ湖及び周辺地域の自然を守るために様々な活動に取り組んでいます。

                
            日々の活動の様子はこちらをご覧下さい



 保全のための調査を行い、生物層の調査や環境管理後の調査などが行われ、データとして蓄積され解析が行われます。それによってサンクチュアリの自然を良好な状態に保ちます。

     
      弁天沼でのチュウヒ調査


 保全の対象となっている生物や環境の保全計画、それに伴う管理作業などを行います。

     
      オオアワダチソウの抜き取り


 ネイチャーセンターでの解説活動を常時行い、サンクチュアリの自然をフィールドに一般市民の参加できる自然観察会の実施やニュースレターの発行、ネイチャーセンターの展示物の作成などを行います
 また、ガンやカモを素材とした体験学習プログラム「ガンカモティーチャーズガイド」の作成・普及を行なっています。

 ガンカモティーチャーズガイド

     
       小学生への自然解説


(公財)日本野鳥の会直営の施設であるウトナイ湖サンクチュアリは、周辺の自然保護活動に積極的に取り組んでいます。

 勇払原野保全プロジェクト
〒059−1365北海道苫小牧市植苗150-3
TEL : 0144-58-2505 FAX : 0144-58-2521