設置目的

ガン、カモ、ハクチョウ類を中心とした渡り鳥の中継地であるウトナイ湖および美々川をはじめとする勇払原野の自然環境を保全するとともに自然保護活動の拠点をつくる。

自然とのふれあいの場を提供するとともに自然教育、調査研究活動を行い、自然保護思想の普及と人材育成活動を行う。

日本で初めてのサンクチュアリを実現し、自然保護運動の多様化を促すとともに本来の野鳥公園、自然公園のあり方を提示する。

土地

サンクチュアリ指定地域:510ha

内訳 

  • 公有地:510ha(国、苫小牧市)
  •       
  • ネイチャーセンター敷地:1000u(苫小牧市の使用許可)
  •       
  • 一般供用区域:50ha

環境内訳 

  • 沼:230ha  湿地・林:280ha

国設鳥獣保護区特別保護地区指定:510ha

ラムサール条約登録湿地:510ha(鳥獣保護区と同一区域)

サンクチュアリ沿革(1976〜2020)

1976年05月 ノグチゲラの生息地保護を契機に野鳥保護基金スタート
11月 野鳥保護基金をサンクチュアリ建設に当てることを決定
1979年05月 第一号サンクチュアリをウトナイ湖に決定
1980年02月 ネイチャーセンター起工式
08月 ボランティアによるウトナイ湖サマーキャンプ実施
1981年03月 ボランティアによるスプリングキャンプ実施
05月 10日に、ウトナイ湖サンクチュアリオープン
08月 「福島市小鳥の森」建設のため福島市長視察。
1982年07月 サンクチュアリエリアがウトナイ湖国設鳥獣保護区特別地区となる
08月 キツツキの小径で木道作成/太平洋放水路計画の説明会
1983年06月 ウトナイ湖にて(財)日本野鳥の会全国大会開催
1984年04月 苫小牧市の委託で「ウトナイ沼自然環境調査」実施
09月 放水路計画に対して反対運動開始
1985年09月 「北海道自然100選」に選ばれる
1988年03月 ネイチャーセンターが博物館相当施設となる
1989年08月 ウトナイ基金スタートする
1990年04月 千歳川放水路計画に反対する市民の会結成
1991年05月 10周年記念フォーラム「環境保全・環境教育・まちづくり」開催
12月 ウトナイ湖がラムサール条約の登録地となる
1992年11月 環境教育センターオープン
1993年04月 ウトナイ湖環境保全計画策定がスタート
1996年05月 ネイチャーセンター補修工事
1997年01月 ナホトカ号油汚染被害鳥のリハビリ・放鳥を行う
1998年11月 賛助会「ウトナイ湖ファンクラブ」スタート
1999年03月 17年間運動を続けた放水路計画が事実上中止の成果を見る
2000年05月 勇払原野保全プロジェクトスタート
2002年07月 環境省による「ウトナイ湖野生鳥獣保護センター」オープン
2005年10月 ネイチャーセンター外壁補修工事
2006年5月 日本野鳥の会による 勇払原野保全構想書 発刊
5月 環境学習プログラム集 ガンカモティーチャーズガイド 発刊
2008年1月 「弁天沼周辺の土地利用に関する要望書」を道知事へ提出
2009年10月 ウトナイ湖畔に「道の駅ウトナイ湖」オープン
2011年10月 30周年を迎え 記念ツアーや講演会を開催
2012年2月 「苫小牧東部開発地域内の鳥獣保護区指定に関する要望書」を道知事 へ提出
2012年10月 繁殖期の希少鳥類調査の結果をプレスリリース(以降毎年)
2013年10月 第1回「ウトナイ湖ファンクラブの集い」を開催(以降毎年)
2014年11月 北海道が整備する河道内調整地の形状が決定(安平川下流域の土地利用に関する連絡協議会にて)
2015年 「草原の観察小屋」およびネイチャーセンターの補修、新しい施設パンフレットの作成(苫小牧ハスカップライオンズクラブ様によるボランティア活動)
2016年11月 開設35周年記念シンポジウムを開催
2017年5月 当会「オオジシギ保護調査プロジェクト」の一環として、勇払原野で同種の個体数調査を実施(2018、2019年も実施)
2019年6月 苫小牧市民会館で「柳生博と学ぶ勇払原野の魅力〜安平川河道内調整地の懸命な利用を考える〜」を開催
2020年1月 「オオジシギ調べ隊」の子供たちと保護者がオーストラリアの越冬地を訪問




〒059−1365北海道苫小牧市植苗150-3
TEL : 0144-58-2505FAX : 0144-58-2521