トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

mojolicious memo

perl WAF

Mojolicious(モジョリシャス)はperl製のWebアプリケーションフレームワークです。2つのウェブサーバが同梱されていてmojoliciousだけセットアップすれはwebを開発、公開できます。1つはmorbo (モーボ)で開発用のサーバーです。起動しっぱなしでも起動後に更新されたモジュールがロードされます。もう1つのhypnotoad (ハイプノトード)はプリフォークサーバーでホットデプロイメントを行うことができます。

  • 起動
$ morbo script/<myApp>
→ Server available at http://127.0.0.1:3000
- or -
$ hypnotoad script/<myApp>

データベースにSQLiteを使えばサーバーを立てずにお手軽にWebを公開出来ます。

mojoliciousでJSONをPOSTで送信と受信

デモ画面を作ってみた。

[toolmmt/templates/json/json.html.ep]

% layout 'default';
% title 'mojplicious JSON DEMO';
<h1>mojolicious JSON Demo</h1>
<hr><h4>JSON</h4>
<ul>
  <li><a href="http://www21051ue.sakura.ne.jp:3003/api/json/json_test01">json_test001</a></li>
</ul>
<h4>JSON POST</h4>
<script type="text/javascript">
    $(function(){
        $("#response").html("Response Values");
        $("#button").click( function(){
            var url = $("#url_post").val();
                var JSONdata = {
                    value1: $("#value1").val(),
                    value2: $("#value2").val()      
                };
            // alert(JSON.stringify(JSONdata));
            $.ajax({
                type : 'post',
                url : url,
                data : JSON.stringify(JSONdata),
                contentType: 'application/JSON',
                dataType : 'JSON',
                scriptCharset: 'utf-8',
                success : function(data) {
                    // Success
                    // alert("success");
                    // alert(JSON.stringify(data));
                    $("#response").html(JSON.stringify(data));
                },
                error : function(data) {
                    // Error
                    alert("error");
                    alert(JSON.stringify(data));
                    $("#response").html(JSON.stringify(data));
                }
            });
        })
    })
</script>

    <h2>HTMLファイルからPOSTでJSONデータを送信する</h2>
    <p>URL: <input type="text" id="url_post" name="url" size="100" value="<%== url_for %>"></p>
    <p>value1: <input type="text" id="value1" size="30" value="値1"></p>
    <p>value2: <input type="text" id="value2" size="30" value="値2"></p>
    <p><button id="button" type="button">submit</button></p>
    <textarea id="response" cols=120 rows=10 disabled></textarea>


[toolmmt/lib/Tool/mmt/Controller/Json.pm]

package Tool::mmt::Controller::Json;
use Mojo::Base 'Tool::mmt::Controller::Mmt';

sub json_post{
    my $s = shift;
    use Mojo::UserAgent;
    my $ua = Mojo::UserAgent->new;
    my $data = $ua->post('http://localhost:3001/api/example/json' =>  {Accept=> '*/*'} => json => {a => 'b'});
    $s->render(json => $data->res->json);
}
sub json_test01{
    my $s = shift;
    $s->render(json => {head => 'Json Test Data',array=>[1,2,3,4],lang=>['perl','ruby','php'],
        日本語=>['漢字','ひらがな','カタカナ']});
}

sub json{
    my $s = shift;
    $s->render(json => $s->req->json);
}

1;

コントローラーのディレクトリが変わった

どのバージョンで変わったか解らないがコントローラーのディレクトリが変わっていた。以前はlib/<myApp>の下がコントローラだったがlib/<myApp>/Controller下になっていた。両方のバージョンで動かす為にはstartupにてnamespacesを設定する。

 $r->namespaces(['Tool::mmt::Controller']);

オプショナルなプレースホルダー

ふたつのオプショナルなプレースホルダーが、スラッシュによって分割されている場合だけ、 スラッシュはオプショナルなものになります。

 # /           -> {controller => 'foo',   action => 'bar'}
 # /users      -> {controller => 'users', action => 'bar'}
 # /users/list -> {controller => 'users', action => 'list'}
 $r->get('/:controller/:action')->to('foo#bar');

controllerやactionなどの特別なスタッシュの値もまたプレースホルダーとなりえます。これによってきわめて柔軟なルーティングの構築が可能になります。 これは開発の間は特にとても便利ですが、 すべてのコントローラーメソッドがルーティングになる可能性 があるので、注意深く利用すべきです。 アンダースコアで始まるこれらのメソッドと同じように、すべての大文字のメソッドは 自動的にルーターから隠されます。 追加的に隠すためにMojolicious::Routesのhideを使うこともできます。

/:controller/:actionでコントローラとアクション(メソッド)を柔軟に設定できます。

mojoliciousで作ったアプリ