南蛮漬

骨ごとたっぷり食べることが出来ます。
ピンギスを20尾以上釣った時にどうぞ。。







bos6.gif材料

bos6.gif作り方

  1. キスは鱗を取り、頭、ハラワタを取る。
  2. キスの水分をペーパータオルで良く取る。
  3. 片栗粉をポリ袋に入れ、キスを入れてから袋の口を閉じて軽く振り、良くまぶします。
  4. タマネギはせん切りにして水でさらし軽く絞っておきます。
  5. 揚げ油を180度以下にして、3のキスを粉を良くはらってから入れ、時間を掛けかりっと揚げます。
  6. パットに4のタマネギを半分ほど敷き南蛮漬の素を入れ5のキスを熱いうちに入れ残りのタマネギを入れた上に残りの南蛮漬の元をかける。
キス 30尾
タマネギ 1/2個
片栗粉 大さじ1
揚げ油 適当

/

/

ミツカン南蛮漬の素 1/2ビン


ポイント
時間を掛けて揚げ過ぎで硬くてそのまま食べられないくらい硬くなるまで揚げるのがコツです。

  1. 他の小魚でも、美味しく出来ます。
  2. 粉は少ない方が美味しいと思います。出来るだけ良くはたいでください。また、キスの水分が多いとベタベタといくらでも粉がつき、衣が厚くなってしまいます。手順2をお忘れなく。
  3. タマネギに限らずネギ、ピーマン、にんじんなど色々な野菜が合います。色々と試して、我が家の味を作ってください。
  4. 漬けてすぐに食べることが出来ます。でも、ちょっと漬け込んだ方が美味しいです。
  5. 油にごま油を混ぜると香ばしく美味しいです。



ミツカン南蛮漬の素