カルパッチョ


カルパッチョ(Carpaccio)とは薄切りにした生の肉や魚を皿に平らに敷きつめた
イタリア料理の総称です。




材料

作り方

  1. キスは鱗を取り、頭、ハラワタを取り、3枚おろしにし、腹骨をすきとる。
  2. 1のキスの両面に塩をしてパットに敷き、冷蔵庫に入れ、少し傾けて1時間ほど冷やす。
  3. 良く冷やした皿に3のキスを並べ、胡椒、レモンの絞り汁、ドレッシングをかける。
  4. 軽くパセリのみじん切りをかける。
キス 適当
パセリ 適当

/

レモン 適当
塩、胡椒 適当
イタリアンドレッシング 適当

ポイント

  1. 他の小魚でも、美味しく出来ます。普通は薄くそいだ身を使いま皿に敷き詰めます。
  2. タマネギやネギ、ピーマン、トマトなど色々な野菜を使いサラダ風にしても結構です。
  3. 面倒ならキスの腹骨は取らなくても大丈夫。但し手順2を踏んで下さい。
  4. ヴァージンオリーブオイルを加えると美味しくなります。なお、、バルサミコ酢はキスにはお勧めしません。釣りも料理もバランスが大事だと思います。写真はノンオイルのイタリアンドレッシングをつかってます。ワタシはダイエット中じゃ〜。トホホ!
  5. ある釣りの本にカルパッチョとは考案した人の名前と書いてありましたが、大嘘じゃ〜ホントはね・・・イタリアの検索ページで調べてチョ〜

バリエーション

  1. 今回はキスを生で使いましたが、皮の部分に少し火を通す方法もあります。その場合まな板の上に皮を上にして3枚におろしたキスを並べ布巾を乗せてから熱湯をかけすぐに氷水に取り冷やしたキスを使います。
  2. 皮を引いたキスを使う方法もあります。
  3. 上記2つのバリエーションの時は手順2を飛ばし直接皿に盛り塩胡椒して、すぐドレッシングをかけても差し支えありません。
  4. 写真のように赤いドレッシングを使った場合、上にマヨネーズを網のように絞るとかっこいいよ。