大会に参加するには?OlmHome

 初めてキス釣り大会に参加するときはどうすればよいか分らないことが色々有ると思います。あんまり難しいことを考えずに参加してしまえばよいとは思うのですが不安な方のために、思いついたことをQ&A形式で書いていきますので、質問などがあれば掲示板やメールで私に連絡してください。こちらのページに書き足していきたいと思います。


Q.どのような大会があるのですか?

キス釣りの大会で全国的に予選が行われているオープンな大会は現在シマノが開催しているジャパンカップ、がまかつが運営しているG杯があります。ともに投げ釣り以外の大会も開催しており、地方での予選、そして全国大会があります。報知新聞が主催しているキス名人戦も歴史がある大会ですが、予選が四国と日本海でのみ行われています。

参加するためには、ジャパンカップはシマノ製の投げ竿と投げ専用リールを使う必要があります。G杯ではがまかつ製の投げ竿とがまかつ製の鉤を使った仕掛けを使う必要があります。キス名人戦は特にそのような制約はありません。キス名人戦以外は参加費として1000円ほど必要です。

Q.誰でも出ることが出来るのですか?

ジャパンカップと名人戦は特に資格はありません。下にも書いてありますが、釣りクラブに入っている必要もありません。G杯は年齢制限があります。また「長期に渡りがまかつ製品を愛用し、地域で釣りの指導的な立場にある釣具店の推薦がある人」と書かれていたように記憶していますが、実際には年齢さえクリアしていれば参加できるようです。

Q.申し込み手続きは?

キス名人戦は電話をかけ、参加会場と自分の住所と電話番号を告げるだけでOKです。後日会場の案内の手紙が送られてきます。ジャパンカップは釣具店で用紙に記入して参加費用を預け申し込みます。後日案内の手紙と審査カードが送られてきますので、審査カードを持参して下さい。G杯はちょっとややこしいです。釣具店で申し込み、後日がまかつから釣具店に送られてきた案内を釣具店にもらいに行く必要があります。

Q.どれくらい釣りが上手なら参加できるのですか?

正直言って「迷惑だから、とっとと帰ってよ〜」と言いたくなるくらい下手な人も参加していますので、気楽に参加してもいいと思います。人に迷惑をかけない程度にまっすぐ投げることが出来れば大丈夫だと思います。大事なことは自分の普段の釣りをすることです。無理して普段しないような力んだ投げ方をしてもうまくいくはずがありません。人とオマツリをしたり力糸をプチプチ切ってしまうのがおちです。

Q.クラブに入っている必要はあるのですか?

このページで紹介しているジャパンカップやG杯、キス名人戦はクラブに入っている必要はありません。

Q.重複して出場できますか?

ジャパンカップは日程さえ合えば重複して出場できます。たとえば、関西在住の方が九州大会に出場し良い成績をあげれば九州代表になれるわけです。キス名人戦の予選は過去の例では同じ日にされていますので、重複して出場することは物理的に無理です。G杯は地区対抗戦となっており、自分の住んでいる地区の大会にしか出ることが出来ません。当然日程が合っても、重複しての出場は無理です。

Q.申し込み用紙を提出すると誰でも出られるのですか?

ジャパンカップは定員に達した場合抽選がある場合があります。他の大会ではそのような話は聞きません。

 

 


メインページへ