「第3回南部キス&温泉OLM」(2001年3月18日)OlmHome

今年で3回目になるキス&温泉OLM今年も紀州南部でのんびりと行いました

migiaka.gif第一回キス&温泉OLM
(1999年3月7日)
migiaka.gif第二回キス&温泉OLM (2000年3月5日)


 

 みなさんこんにちはBeeです。今回のOLMはデジカメを持っていったにもかかわらず、メモリーを入れておくのを忘れるという失態を演じてしまいました。仕方ないので簡単な釣行記を書いてみましたので、暇な人は読んでみて下さい。なお、このページで使っている写真はキス健さんと、ラッキーストライクさんから提供していただいた物を少し加工して使用してます。

土曜日の朝9時半、チェロキーさんの車に乗せていただき、キス健さんと3人で南部へ向かう。南部に到着して第1投は素バリ。でも、生態反応はある。昨年の秋使ったちょっと錆びた仕掛けが悪かったのだろう。すぐに仕掛けを変えるが結局1尾も釣れない。その間、チェロキーさん、キス健さんはぽつりポツリと釣っていた。

 キス専門さんが到着したので、いままで裏切られた事がほとんどない、扇ヶ浜へ全員で向かう。1投目ダブル。かなり反応が良いみたいなので、以前作ったスレ針の10本針仕掛けを初めて試して見た(早く使わなくちゃ錆びちゃいそうなので・・)。残念ながらアタリもあり、魚も乗っているのに仕掛けを上げて見ると素バリばっかり。結局スレ針では1尾を釣っただけ。そうこうしている内に近投ではアタリが遠のく。仕方ないので少し頑張って投げてみると4色ちょいで喰いだし、結局11尾。扇が浜にしてはサイズも良かった。

 南部に戻りキス専門さんご夫婦、キス健さん、チェロキーさん、masakaさん、ラッキーストライクさんと楽しい前夜祭をしてから、テントで寝て翌日に備える。  18日OLM本番はとてもじゃないがキスが釣れそうな感じがしない天気。竿を出す気もしないが、幹事としてはキスがいることを証明する必要があるので、「とりあえず1尾を」と思い集合場所付近で竿を出す。でも、全然気配なし。やる気なし。

 挨拶を兼ねて釣況をたずねて回ると、浜の中央付近は釣れているみたい。南端で釣っている皆さんに連絡してから、私とキス健さんチェロキーさんの3人は車で浜の北側に向かってみる。テトラのすぐ横に入るがキスの気配がない。1番南に入ったチェロキーさんが釣ったようなのでその南に入る。しばらくするとREKOさん一行が到着したとの電話が入ったので、近投でも釣れる扇が浜にキス専門さんと行ってもらう事にする。今回初めて投げ釣りをするポチさんもいるのでキス健さんとチェロキーさんにも行ってもらう。私は一応幹事なので、南部にとどまり釣り続けることにした。

 やけくそで頑張って遠めに投げて見ると4色でダブルで釣れ、その後もぽつりポツリと釣れ、10時半ごろまでになんとか10尾釣る事が出来ました。

 その後温泉で宴会をして、ゆっくりしてから3時過ぎに温泉を出発しましたが、思ったほどの渋滞もなく5時半ぐらいに到着。送ってくれたチェロキーさんありがとうございました。




鶴の湯温泉にて記念撮影


メインページへ