「G杯本戦(徳島小松海岸)」(1999年9月6日)OlmHome

徳島小松海岸で本年度のG杯本戦が行われました。前日は良く釣れたのですが、夜になってから風雨が強くなり、大会当日は最悪のコンディションになってしまいました。私も参加したのですが、もちろん惨敗いたしました。ちくしょ〜来年も出たいぞ〜。


Niftyの仲間で記念写真1

予選が終わって、お食事タイムに記念写真。左から竹ぶ〜さん、JETさん、むつらぼしさん。
Niftyの仲間で記念写真2

そろそろ決勝戦が始まるのじゃ。一番左がキス専門さん。キス専門さんはこの日審査員を勤めます。
矢野さんのさわやかな笑顔

本日は矢野さんは審査員です。私のホームページの掲示板をROMはされているそうです。

頭のすぐ横をUFOが飛んでますね〜。
決勝戦開始じゃ。

G杯本戦では、各地区の代表を3組に分け場所を入れ替えながら予選を3回行います。それぞれの組の1,2位が決勝戦に進出します。
決勝戦に勝ちぬいてきたのは、一組から福田さん(中国)と経ヶ阪さん(関西)、2組から佐野さん(がまかつ)と石川さん(四国)、3組からキス&スキーさん(関東)と瀬尾さん(がまかつ)でした。
キス専門さんとキス&スキーさん。

決勝戦では、選手一人に付き審査員が一人つきます。キス&スキーさんにはキス専門さんがつくことになりました。
審査員の福永さんと矢野さん。

石川選手が移動したため、石川選手担当の矢野さんも移動です。左は経ヶ阪さん担当の福永さん。
竹ぶ〜が優勝?

表彰台の上でポーズを取る竹ぶ〜さんとむつらぼしさん。
福田さん

先日オーナーカップ北の脇予選で見事優勝された福田さん。
経ヶ阪さん

一人関西代表で決勝進出した経ヶ阪さんのダイナミックなフォーム。
石川さん

昨年G杯優勝の石川さんのフォーム。
佐野さん

惜しくも決勝は不調でしたが、遠州灘の流し釣り?を見せてくれました。
瀬尾さん

重量差で惜しくも優勝を逃した瀬尾さんです。

大会の後
仕掛け巻きを頂きました。投げ釣り実験室にUPしていますが、いちいち鈎を外すことなく、瞬間で仕掛を出すことが出来る優れものです。
瀬尾さんとクーラー

さすがにクーラーも工夫がこらされているようですね。徳島流の竿の持ち方に注目してください。
緊迫の終盤戦。

勝負の行方はキス&スキーさんと瀬尾さんに絞られ、二人を報道陣が取り巻く。
優勝決定の瞬間

同尾数の為、総重量で1位を決定しました。この写真は優勝決定の瞬間です。笑顔が違うね。
表彰状じゃ〜
表彰式

優勝したのはキス&スキーさん(力石さん)。準優勝瀬尾さん、3位福田さんでした。
大会成績

大会成績です。クリックすると拡大画像を見ることが出来ます。とにかく厳しい条件の中での大会でした。

記念写真


メインページへ