トラブル対処法 Space Tackle Space Home

・実際に釣りに行くと、色々なトラブルが起こります。出来ましたら釣り保険に入った方が良いと思います。竿が折れたり、人に怪我をさせたりした場合の事を考えると数千円の保険金はほんとに安いと思います。ただ、保険屋さんにとってはほんとに儲からない保険のようで、私も長年付き合っている保険屋さんに頼んでいるのですが、いまだに申込書を持ってきません。


  1. 竿が折れた
  2. 仕掛けが絡む
  3. 真っ直ぐ飛ばない
  4. 鈎が刺さった
  5. 体が痛くなった
  6. 掌が痛くなった



1.竿が折れた

cls最初のころは、色んなトラブルで竿が良く折れちゃいます。目の前の防波堤に叩き付けたり、継ぎ目が緩んでいたりと、ほとんどが不注意によるものです。1万円以上の竿でしたら保証書が入っている事があります。その場合は免責金額数千円を支払えば修繕してくれるようです。

1)穂先が折れた

clsあんまり心配しなくても、釣具店に持っていけば修繕してくれると思います。少し竿は短くなりますが、新しい穂先を買わずに、折れた部分に入る新しいトップガイド(500円くらい)を買って修繕した方が少し安くなります。もちろんあんまり短くなるようなら穂先(ざっと竿の定価の1/4)を買い替えて(取り寄せになります)修繕しましょう。


2.仕掛が絡む

cls投げる度に仕掛けが絡むと魚も釣れませんね〜

1)最初から絡んでいる
cls投げる前仕掛けが真っ直ぐになるようにして投げてます?仕掛けが団子のように固まった状態で投げちゃうと、絡んだまま投げてしまいます。

2)投げる時竿が動いている。
cls錘をぶら下げて投げている方で、投げる瞬間竿が動き錘が地面に当たっている方がいます。当然竿先はビヨーンと反発し仕掛けが絡んでしまいます。

3)ライナー
cls錘の軌跡がライナーになるとよく絡みます。前方斜め上を見ながらきれいな放物線で飛ぶように投げましょう。

4)練習不足
clsヤッパリ何事も練習です。誰だって、最初は上手く行かないものです。きれいに竿を曲げて投げれば何故か絡まないものです。


3.真っ直ぐ飛ばない

cls思ったところに仕掛けを飛ばさないで釣れても偶然釣れただけですよね。

1)体が狙ったところを向いていない。(よくあるはずです)大体狙ってもいない人が多い気がします。漠然とは海に向かって投げているだけで、目標を設定して投げている人はとても少ないように思います。
2)ヤッパリ練習です。誰だって、最初は上手く行かないものです。


4.鈎が刺さった

cls最初のころは思わぬミスをしてしまうものです。自分の力で抜く事が出来ないほど鈎が刺さった場合は病院に行きましょう。

1)とりあえず鈎の根元で糸を切り自由に行動できるようにしましょう。糸を切らずに騒いでいるとどんどん鈎が深く刺さってしまいます。鈎は普通指に刺さる事が多いと思います。指の場合大抵抜いた後血も出ません。焦らずに行動しましょう。

2)深く刺さり、鈎先が出ているようでしたら、鈎の根元(糸を結んでいる方)をペンチで切って貫通させる事もできます。指でしたら、全く痛みも無く、血も出ず釣り続ける事が出きる事が多いようです。
鈎にはカエシが入っているので、引っ張って抜くのはちょっと難しいし、痛みが残り、血も出るようです。そのような場合は病院に行った方が良いと思います。

3)何故か鈎が刺さると自宅の近くの病院に行きたがるようです。きっと保険証がないためでしょう。でも、山の中の病院では釣り鈎を抜いたことがないお医者さんがいます。その点釣り場の近くの海辺のお医者さんはそういう事に慣れていますので、釣り場の近くのお医者さんに行きましょう。保険証がなくても数千円預ければ後程清算してもらえます(金がナインじゃ〜と頼みましょう)。それに抜いたらまた釣りを再開できます。また病院に行く場合は、刺さった鈎と同じ鈎を見本に持っていくと、役に立つ場合もあります。

4)予防法としては、慌てない事です。ちょっと鈎が指に刺さっても簡単に抜けます。ところが慌てて竿を振り回してしまうと、当然竿の先に着いている仕掛けも動き指に深く刺さってしまいます。同じように慌てて手を大きく動かしても深く刺さってしまいます。「ピクッと来たら、スロースロー」です。


5.体に痛みが出た

cls最初投げ釣りに行った後で体に痛みが出ることはよくあります。最初のころは変な投げ方をしたり、筋肉が投げることに慣れていない為にこの様な事が起こります。

cls筋肉痛なら別に問題無く2,3日で直ります。問題は間接やすじの痛みです。変だと思ったら医者に行くことです。遊びで体の調子が悪くなって持病にでもなったら洒落になりません。



6.てのひらに痛みが出た

cls投げ釣りを何日も続けてすると掌が痛くなる場合があります。これは大抵竿を持つ側の掌です。この症状は腱鞘炎の可能性があります。竿を強く握り締めるのが原因です。病院に行ってちゃんと治療してもらいましょう。ほったらかしにしても1週間程度では直りません。


[一番上に戻る]