投げ釣りの魅力 Space Beginner Space Home

・投げ釣り入門の魅力は言葉では言い表わせないけど、がんばって書き始めました。なお、投げ釣りの魅力 を語る場合、他の釣りをけなすような感じに受け取られる事があるのが心配です。私にはそのような気持ちはありませんので誤解しないで下さい。2001年6月18日


bos.gif釣りの魅力

とにかく釣りは面白いです。理屈抜きにどんな釣りをしても釣りをしている最中は熱中してしまいます。きっと農耕民族の日本人にも、狩りをする本能がDNAに組み込まれているのでしょう。しかも、海は自然に満ちています。黙って海に向かって座っているだけでも喜びを感じる人は多いと思います。釣りに限らず趣味について、魅力を言葉で表そうとする事は無謀だと思います。でも、無い頭で色々考えて見ました。決してたくさん魚を釣る事が全てではない事を知ってもらいたいからです。

釣りの魅力1

釣りそのものの面白さは釣堀のような人工的な釣りをしてみると良く分かるとおもいます。ここには釣った魚を持ち帰って食べる喜びはありません。もちろん自然に親しむ喜びもありません。私の釣りに対する理念と正反対の立場にある釣りです。でも、これがやってみるとなかなか面白いものです。まさしく釣りそのものの面白さがここにあります。浮きが動くということは何か水中で魚がアクションを起こしたことの反映であり、浮きの動きから魚の行動を想像するのは確かに面白い。

釣りの魅力2

一般に釣りの魅力といわれている、糸を伝わってプルプルと手に感じる魚の当たりの感触は釣りの醍醐味ですし、次々と釣れると誰でも嬉しくなってしまうようです。大きな魚が釣れた時のスリリングなやり取りも人を夢中にさせます。新鮮な魚を食べる事が出来るのは釣り人の特権ですし、まして自分で釣った魚なら、あまりおいしくないといわれている魚でもおいしく感じるものです。


bos.gif投げ釣りの魅力

上記の釣りの魅力以外の、投げ釣りの魅力とくれば、スポーティーなキャスティングの魅力と言うことになると思います。それ意外の魅力を、とりあえず書いてみたので並べてみます。

投げ釣りの魅力1

私は釣りが好きなだけで投げ釣りをしているわけじゃありません。自然と戯れる事が好きなだけのような気がする。だからどんな釣りでも良いという訳じゃなく。投げ釣りの、自然の海岸で魚の居る所を自分で捜し、自分でそこに仕掛けを投げ入れて釣るところが好きなんだと思ってます。

投げ釣りの魅力2

投げ釣りで海の中の様子を知る直接の手段は釣り糸だけです。投げた仕掛けを動かすとオモリが海底を動くわけですがその時に色々な事が分かります。簡単なところでは、海底の地形です。もちろん魚が釣れたらプルプルと手に直接感じるアタリがあります。慣れてくると、ちょっと糸を巻いて海底の様子を感じただけで「今日は釣れそう」とか「ココはダメみたい」等の予感もよく当たるようになります。でも、糸にだけ全神経を集中したら良いわけではありません。海の色、波の形、海岸線の地形や、砂の色、砂の硬さ、風の臭い、風向き、後ろの山を含む地形。数え上げたらキリがありません。全身の感覚でこれら自然が語りかける言葉を受け止めながら釣りをするのです。どうです楽しそうでしょ?

投げ釣りの魅力3

たとえばキスの投げ釣りの場合海水浴場であれば大抵キスがいて釣りが出来ます。大抵の海水浴場には常設のトイレや駐車場、売店、自動販売機があります。また、安全に海水浴ができる様に(砂が流れない為でもありますが)沖にテトラが入っていたり、湾内である事も多く大きな波に襲われる事も少ないので、女性や子供でも安心して釣りが出来ます。
*海水浴場で釣りをする場合はシーズン中はもちろんシーズン以外でも人が多い事があります。安全に気を配り、決して鉤や仕掛けを捨てるなどという危険な事はおやめ下さい。毒のある魚が釣れた場合も捨てたり、埋めたりしないで下さい。

投げ釣りの魅力4

意外かもしれませんが、投げ釣りは釣りながら隣の人と話しが出来る釣りです。離れて釣りをしていて隣の人の糸と絡んでイヤな思いをした事がある方も多いと思います。 投げ釣りの場合2,3人で同じ場所から投げて釣りをすると、まったく同じ場所に仕掛けが落ちない限りあまり絡まないんです。投げた後糸の重なり具合を確認して引っかからない様にすればいいので並んで話しをしながら釣りが出来ます。