キスの投げ釣り入門TackleHome(最終更新2003.12.1)

・関西では砂浜から投げる投げ釣りはあまり盛んではないように感じます。だって、砂浜がないもん。ベテランの方は日本海等他の釣り場に行っているようです。(実はその方がライバルがいないから都合がいいのじゃ〜)。

clsそこで、初心者増大大作戦を展開します。キスの投げ釣り初めての人よっといで!


目次(見たい事柄をクリックして下さい)
  1. ターゲット
  2. 目標
  3. 道具について
  4. 釣り場の選定と季節について
  5. 実釣編


ターゲット

[メニューに戻る]


目標

[メニューに戻る]


釣り場の選定と、季節について

cls釣り場、季節の選定が実は一番難しいかもしれません。たとえば去年の6月に釣れていた場所でも、今年の6月に釣れるかどうかは解りません。

cls昨今の冷夏や、暖冬などの異常気象のため、お魚も海の中で困っているみたいです。 お魚が居ないところでいくら糸を垂らしても絶対に釣れません。

・春
cls以前は八十八夜を過ぎないと、キスは釣れないと言われてました。今は、ポイントの開拓や、道具や技術の進歩で冬でも釣れる場所がありますが、春は冬以上に難しい季節と言われています。連休過ぎまではカレイやアブラメ狙いで釣行してください。どうしてもと言う方は出来るだけ暖かい日が2,3日続いた後を狙って釣行してください。

cls4月になれば南紀の紀伊田辺周辺でキスが釣れ始めます。連休を過ぎれば、紀北でも釣れだします。6月になればすなはまがあれば、キスは釣れるでしょう。

・夏
cls大阪湾でも7月になれば結構どこでもよく釣れます。私は釣った事はありませんが、淀川でもキスはつれるそうです。甲子園浜や、夙川河口、芦屋川河口でもキスはつれます。各地の海水浴場でもキスはよく釣れますが、海水浴客が出てくるまでの早朝と夕方しか釣れません。また、サーファーや、ジェットスキーの人も多く、魚が居ても釣りづらい季節です。残り少ない砂浜ですので、みんなで仲良く遊びましょう。また、 夏もあまりに暑くなるとあまり釣れません。釣り人の体も持ちません。

・秋
cls秋は数釣りのシーズンですが、関西ではあまりキスを狙っている人は居ません。夏に釣れた場所でキスを捜して下さい。波打ち際で小さなキスが数釣れる時もあります。関西では秋のキスの情報が釣りの本に載る事はめったに無いので、自分で捜す必要があります。案外かたまっていることが多いので、地元の人に聞くのも手です。

・冬
cls寒い季節はカレイでも釣っておきましょう。


[メニューに戻る]


・実釣編

いよいよ実釣ですね。投げ釣りには今まで説明した以外にもいくつか必要な小物が在ります。そこいら辺は、いつか説明するとして、取合えず投げ釣り入門の本を読んでおいてください。

餌の買い方使い方

clsさて、エサが無いと投げ釣りの場合始まりません。釣り場には普通地元の餌屋さんがあって、餌を買う事が出来るのですが、早朝には営業していなかったり、ほしいエサが売ってない事がよくあります。キスの数釣りの場合、エサは
イシゴカイ のみ300円から500円で、普通は大丈夫です。大型店舗は金曜、土曜日はオールナイトの店も多いので、車であれば途中で調達可能です。電車の場合、地元の餌屋さんが何時くらいに開くのか電話で聞いておけばよいでしょう。

clsキスは暑い季節に釣る事が多いので、釣り場でのエサの保存にも気を付けて下さい。クーラーの中で保存し、使う分だけをクーラーの外の餌箱にいてて使いましょう。
餌の付け方は、鈎の長さと同じか、5mmほどはみ出す程度で大丈夫です。釣れ無いと餌を沢山付ける方がいますが、餌だけ食べられ、魚は鈎に掛かりません。ただ、あまりに食いが悪い場合は1cmくらいはみ出すように付ける場合もあります。尚、石粉という物が餌屋さんで売られています。これを餌に付けると、鈎に刺しやすくなりますので、上記クーラーの外の餌箱に石粉を少し入れておくとよいでしょう。餌は仕掛けの上から順番に付け、魚は仕掛けの下から順番に外します。


サビキ

cls無事にエサを調達出来、釣り場に着いたらすぐに釣りたい気持ちは分かりますが、落ち着いて確実に用意をしましょう。特に
力糸と、錘の連結 には気を付けてください。 第一投はその日で一番大きなキスが、釣れる可能性が在りますので、慎重に投げ、慎重にサビキましょう。(ドポン!などと錘を海水に叩き付けるような失敗は避けましょう)

clsキスの数釣りの場合投げた後ほったらかしておいてもダメです。ガッチョや、ハオコゼ、フグの数釣りになってしまいます。投げた後はゆっくりと仕掛けを引っ張る必要があります。引っ張るスピードが問題なのですが、要は、キスが釣れたら良いのです。よく釣れるときは早く引っ張り、手返しをよくします。食いが渋いときは、ゆっくりと引きます。餌取りがいないなら、ちょっとサビいては、止め、又サビくのも良い場合があります。テンコチが、いっぱい釣れるなら、ゆっくり過ぎますし、何も釣れない場合は早すぎます。仕掛けの先端に1尾だけ釣れている場合は、ひくスピードが速いと思って間違い無いでしょう。1尾のキスが、2つの鈎を食っているときは、スピードが遅い場合や、引くスピードにむらがある場合に多いようです。

cls全然釣れないときゆっくりサビクのはつらいのですが、こういう時はリズムを付けて、自分の「ここだ!」と思うポイントまでは早く引き、ポイントに入ってからゆっくり巻くとあまりストレスがたまりません。
初心者の方は、大体サビくスピードが早過ぎです。最初は2秒から3秒でリール1回転くらいで試してください。釣れない時は25mを5分くらい掛けて引いてみてください。

ポイント

cls朝はポイントが近く、日が昇につれポイントが遠くなる事が多いようです。キスは臆病なので、錘の音などで、長く釣っていると釣れなくなります。そのような場合、ドンドン場所を移動しましょう。海岸線が出っ張っていたり、へこんでいたりする場所、川や排水口の流れ込み等、海の様子を観察しながら釣れば、どんな場所で釣れて、どんな場所が釣れないか分かってきます。キス釣りに限らず釣りの楽しみとは自然との対話だと思います。どこにキスちゃんが居るのか海とお話してみてください。人にポイントを教えてもらって釣らしてもらうのとはまったく違う楽しみを見つけることが出来ます。潮の流れや,波の状態,海水の透明度,砂の大きさなど探せば海にはさまざまな表情があります。砂浜が人でいっぱいで、移動する事ができない場合、正確なコントロールが無いと他の釣り人に迷惑をかけてしまいますので、注意して投げてください。

cls遠くに投げないとキスはいないと思っている方がとても多いように感じます。でも、海の生物の大半は波打ち際に居るそうです。当然餌も波打ち際が一番多いわけで、キスも岸に近い場所にいると思って間違いありません。手前の方がキスはたくさんいます。初心者だから、遠投が出来ないからとあきらめる必要はありません。


魚の保存

cls
よく釣った魚をバケツの中に放り込んでいる方がいます。魚が傷むだけなので、かわいそうなのでやめましょう。キスの場合氷水に浸けると身が白くなってしまい美味しくありません。直接氷水に浸からないように、ビニール袋などに入れてからクーラーにしまいましょう。


根掛かり

cls錘や仕掛けが海の中の岩などに引っ掛かって、動かなくなる事を「根掛かり」と呼びます。最近根掛かりした場合、手元から糸を切る人が多く問題になっています。
絶対に手元からハサミで糸を切らないで下さい。普通ゆっくり引っ張れば根掛かりは取れます。最悪でも力糸と道糸の結び目から切れます。

釣りを終えたら

 とにかく落し物がないか良く調べましょう。故意にゴミを捨てるのは言うまでもありませんが、誤ってハサミを落したりしてなくしたら、大変危険です。[海をきれいに]のページもよく読んでください。

餌の保存方法

cls釣りを終えたあと、餌が余っている場合は持って帰って保存する事もできます。次回の釣行の予定が決まっているなら、持って帰るのも良いでしょう。特にアオイソメは日本にはいない種ですので、海にばら撒くのは大変問題があります。

 イシゴカイ、アオイソメの保存方法ですが、ビニール袋に入れて冷蔵庫の一 番温度の高い場所(野菜入れ等)に入れておくと1週間くらいは軽く持ちます。 (問題は家族に見つかると、恐ろしい事になる)クーラーの中に入れて、毎日氷 を替えてもよいのですが、これだと持ちが少し悪い。釣行前日に買って保存す るだけならこれでもOK。

clsコツとしては、空気をあまりいれずに密封する事です。それと家に持って帰 った時既に弱っていては、長持ちしません。夏の炎天下の中で放置してたような餌は絶対 に死にます。ですから、餌はクーラーの中に餌のパックを入れ、そこからクー ラー外の餌箱に小出しにする事です。私は、クーラーに餌の小出し用の蓋が付 いたものを使っているので(
クーラーの改造を参照してください)、餌パック、 小出し餌箱、クーラー外の餌箱の3段階で餌を出して使ってます。なお、餌と氷が密着して冷えすぎるのも良くないです。

cls上記方法は餌と、餌にかけてくれるパミューキュライト(ヒル石)をビニール 袋に入れるのですが、餌屋さんによってはパミューキュライトをあまり湿らせ ていない店が有り、その場合ホンの少し海水でパミューキュライトを湿らせた 方がいいです。 なお、パミューキュライトの代わりに海水で湿らせた石粉を使い上手に保存すると、アオイソメは生殖活 動までするそうですが、私はまだそこまではした事はありません。



最後に

clsキスなんて実は誰でも簡単に釣れます。キスの居る場所に、キスの居る時期に行けば誰でも50尾くらいは簡単に釣れると思います。うまく行けば100尾釣れるかもしれません。うまく情報を仕入れて、がんばってたくさん釣って下さい。(でも、これって実力じゃないから、天狗にはならないでね)

clsもちろん、たくさん釣るとそれだけで段々上手になる事は確かです。たくさん釣れる時に色々研究して、もっと上手になって下さい。

[メニューに戻る]