道具についてTackleHome(最終更新2001.6.18)
・さあ、釣りに行く前に道具を買わなくっちゃ!でも、
釣具店に行ってもたくさんの竿やリール、バーゲンの柵にも色んな物が売っていて、目移りして困ってしまいますね。そこで簡単なガイドを書いておきます。あくまで今まで一度も釣りに行ったことがない方を対象に書いてます。とりあえず1万5千円コースと、3万円コースの2つを書いておきます。


  1. 竿
  2. リール
  3. 道糸
  4. 力糸
  5. スナップサルカン
  6. 天秤
  7. 仕掛け
  8. 餌箱
  9. クーラー
  10. 小道具


1.竿


cls投げ釣りの竿は、基本的に他の釣竿(磯竿、船竿等)を流用できません。釣具店で投げ竿として売られている竿を買う必要があります。最初からメーカー製の竿を買ってください。竿の長さや堅さが色々あり迷いますが、

 

中学生から青年の男性なら、25号から30号、4m前後(3.9m又は4.05mが多い)

女性は20号から27号、4m前後(3.9m又は4.05mが多い)

小学生なら15号3.6m、低学年なら15号2.7m

この程度の竿であれば、あまり体力に自信のない方でも十分振りきれると思います。体力に自信があるのなら、女性でも30号の竿で大丈夫だと思います。小学生に安物の重いバッタ物の竿を使わせるのはかわいそうなので避けて下さい。女性の方は上記の竿で大丈夫だと思いますが、重いのが嫌いなら20号3.6mでも良いと思います。出来るだけメーカー製の一万円くらいの竿を買ってください。竿は最初からあまり高い竿や、硬い竿を買うと使いこなせなかったり、折ったりするので最初は十分振りきれる竿からスタートする方が良いと思います。

cls
バッタモンの竿や釣具店オリジナルの竿はあまり良くありませんが、予算が無けりゃ仕方ありません。でも、5000円もするバッタモンを買うのは損だと思います。メーカー製でも売値5000円を切る物があります。たとえば下記リョービのカーボマスターでしたら売値はだいたい4200円になります。これが買えないとなると4000円以下の予算ですね。ですからバッタモンには4000円以上お金は出せない計算になります。実際には予算が3500円位なら無理して4200円出すでしょうから、「バッタモンの竿には3000円以上出すな!」と言う事です。


総額1万5千円コース

cls・シマノホリデースピンHG20-390(6,400円)30%引き
4,480円が目標
cls・ダイワDZサーフパワー20-390V(6,900円)30%引き
5,390円が目標

ちょっと贅沢をして、下記の竿を買うほうがお勧めです
cls・シマノのサーフリーダーFV 405EX-T(11,000円)30%引き
7,700円が目標

総額3万円コース

cls・ダイワサーフスイングT 25号-405G(16.000円)30%引き
11,200円が目標。
cls・シマノのサーフリーダーEV 405EX-T(17,000円)30%引き
11,900円が目標。

(3万円コースの2つの竿は実は私はまだ使った事がありませんが、きっとマアマアだと思います)


2.リール

cls
投げ専用のリールを買った方が将来も使えるのでお勧めですが、以前に比べて高くなってしまいました。シマノのスーパーエアロFV 2号仕様(12,400円)が一番安いです。3割引はしてくれると思います。お勧めはその一つ上のスーパーエアロEVですが、ちょっと高いかな?でも、リールは長く使えますので少しよい物を買ったほうがよいと思います。

cls2号仕様とか5号仕様とリールのパッケージに書いてありますが、キスの引き釣りの場合は2号仕様を購入して下さい。

cls予算が無い場合仕方ないので、リールを持っていない方はチタノスエアロES5000と言う低価格な投げ専用リール(定価4250円)をお勧めします。3000円位で買えると思います。

cls安いリールには糸を巻く時にジージー音がするものが多くありますが、出来るだけ音のしない物を買って下さい。上記リールはすべて音がしません。

clsなお、普通スピニングリールは右利きの方は左手でハンドルを巻きます。と ころが市販されてるリールは右手で巻くようにセットされてます。左手で巻く ようにセットし直してください。この時ハンドルを後ろにした時にスプールが一番前に来るように してください。


cls
1万五千円コースは、チタノスエアロES5000の2号仕様(4,250円)3,000が目標。
cls2万五千円コースは、シマノのスーパーエアロFV2号仕様(12,400円)30%引き
8,680円が目標。

ホントはシマノのスーパーエアロFV2号仕様(19,000円)30%引き13,300円が目標。の方が換えスプールも付いていてお勧めです

・替えスプール

clsリールの糸を巻く部分をスプールといいます。糸を巻いたスプールをいくつか持っておけば、もし糸が切れたりしてもスプールを取り替えるだけですばやく釣り続ける事ができます。上記リールのスプールの価格は800円から1500円くらいのはずです。釣具店で取り寄せて下さい。大抵の店では値引きはないようですが、お店によっては値引きのあるところもあるので、2、3のお店で聞いてみて下さい。


3.道糸

clsリールに巻く糸の事を道糸といいます。色々な素材がありますが、最初はナイロンで十分。糸の太さは2号か3号くらいを使います。 普通投げ釣りでは25m毎に色分けされたものを使います。 スーパーエアロFVや、チタノスエアロES5000を買った場合リールに糸が巻かれてませんので、ゴーセンのテーパーライン2号-12号(3色分け) 220m(750円)値引き後
580ぐらいで買って下さい。なお、ES5000は3号を200m巻くように作られてますので、下巻きが必要です。リールを買った時お店で頼めば、糸を巻いてくれます。

clsナイロン道糸は数回使ったら新しい物に巻き替えましょう。なぜかというと
1)水を含み糸が弱くなっている。
2)撚りがたまってくる
3)糸に巻き癖がついてくる

上記のような理由の為、糸が切れたり、糸が絡んでトラブる可能性が高くなります。楽しく釣りをしたいのなら、けちけちせずに糸を交換する事をお勧めします。


4.力糸

cls道糸には2号とか3号という細い糸を使っている為、思いっきり投げると道糸が切れてしまいます。そのためテーパーライン力糸と言う先が太く根元が細くなった糸を道糸の先に連結します。先の太い部分に錘を、根元の細くなった部分に道糸を結びます。力糸は投げ釣りでは絶対に必要です。上記テーパーラインは、道糸と力糸がセットになっていますので本来必要無いのですが、仕掛や錘が引っ掛かって(根掛かりと言う)切れる事が ありますので力糸だけ別に買って備えておきます。蛍光黄緑の色付きがお勧めですが、力糸は絶対必要なので、色付きがない場合は透明を買ってくだ さい。売価
640円くらいなお、力糸と道糸を結ぶのにはブラッドノットという結び方で結ぶのが普通ですが、初心者の方には割りと難しいようです。電車結びという結び方は初心者の方でも割りと簡単に結べますので、最初はお勧めです。

cls力糸は道糸以上に撚りが溜まりますので、早めに交換してください。

5.スナップサルカン

cls力糸と天秤(下に説明あり)は直接結び付けてはいけません。道糸のよりが取れずトラブルの原因になります。スナップサ ルカンと言うヨリ戻しを道糸と天秤の間に付けるようにして下さい。スナップサルカンは強度的に不安 なので、
スピードスイベルという強度のあるものを手に入れる事が出来れば最高です。(7個200円

6.天秤(錘付き)

cls天秤は色々ありますが、海草天秤と言う名前で売っている錘を出来れば買ってください。遊動海草天秤(穴の大きさが違う)というのも売ってま すが、固定の海草天秤を出来るだけ買ってください。残念ながら、阪神間では固定の海草天秤を売っていない大型店舗も多くありますので、無い場合は仕方ありません。普通3本セットで売ってます。根掛かりでなくなる場合があるので、最低3本は持っていった方が良いです。

cls錘の重さは竿の負荷より少し軽めの方が良いと思います。20号の竿の方は18号か15号を使ってみてください。(3個
500円)

7.仕掛け

clsキス狙いなら6号ぐらいの鈎 が付いた物を使ってください。これもあまり売ってません。7号 か8号くらいから上が多いです。出来るだけ数字の小さい物を使って下さい。なお最初は鈎の数は2,3本ぐらいが無難です。最低10組は持っていきましょう。

clsメーカー製の仕掛けでお勧めなのは、がまかつのキス投げ釣り仕掛け発光キス3本バリ7号(K-207)、同2本バリ(K-206)、キススペシャル5本バリ5号(N-106)等です。(2個入り300円)×5=
1,500円

clsもし、仕掛が絡んでうまく行かない場合は投げかたが悪い為だと思われますので、投げ方を練習するのが良いのですが、どうしても絡むのなら、天秤の付け方が反対かもしれません。よく確認して下さい。

cls「チョイ投げ用と称して、1m前後の短い仕掛けもあります。
仕掛けがどうしても絡むなら、この様な仕掛けを使うのも手です。

8.餌箱

cls餌屋さんで餌を買うと、大抵透明なパックの中に餌を入れてくれます。このパックを餌箱代わりに使う方が多いのですが、夏場は中が温室のように暖かくなりすぐに虫がイタミます。クーラーの中に餌を入れておく為のものと、クーラーの外の小出し用の小型のもの2個あると便利です。

cls具体的な製品名で言いますと、小出し用はリョービのS-01 \350(実売価格
300円)が良いと思います。クーラーの中の餌箱はノーブランドの木製の小型の物が350円位で売ってます。

9.クーラー

clsクーラーが無いとせっかく釣った魚を、美味しく食べる事が出来ません。また夏の暑い時期には、ジュースや餌を冷やしておく役割もあります。500mlのペットボトルに水を入れたものを冷蔵庫で凍らしたものを氷として使うと、水が流れ出す事もなく便利です。また、いざという時に飲めます。夏の暑い時は500mlのペットボトルの氷は2本以上必要です。

clsキスを投げ釣りで釣る場合クーラーに求められるのは軽さです。また魚の投入口が付いていると、何度もクーラーの蓋を開けなくて済むので、氷が長持ちします。夏の暑い日に近くにジュースの自動販売機のない釣り場に行く時は少し大きめのクーラーを持っていく必要があります。なお、夏の暑い日にビールをグビグビやると二酸化炭素の匂いで蚊がいっぱいやって来ます。お気を付けください。

clsキス専門であればダイワのGX-6V,GX-8V(
4100円、4950円)少し大きめのものなら、ダイワのGX-110(7400円)が良いと思います。これらのクーラーには魚の投入口があり、キスをたくさん釣る時に便利です。GX‐6Vを3,000円が目標。

cls投げ釣り専用のクーラーもありますが高価で、重いです。シマノ、ダイワから売られています。キス用として買うのなら一番小さいものがお勧めです。


10.小道具

cls上記を含め、釣行に必要な道具を書きます。上で触れていない物には価格も併記しています。

cls後は餌があれば釣りに行けます。ベテランの方でも案外竿を忘れたりするそうですので、出来るだけ前日に良くチェックして下さい。女性の方は夏の日差しでサングラス跡が逆パンダにならないように日焼け止めが必要です。なお、唇用の日焼け止めもお忘れなく。もちろん男性も腕、首の裏側などに日焼け止めを塗る事をお勧めします。


11.予算

cls一万五千円コースをを合計すると
7,700円(竿)+3000円(リール)+580円(道糸)+640円(力糸)+200円(スピードスイベル)+500円(天秤)+1500円(仕掛け)+300円(餌箱)+3,000円(クーラー)=17,420円+α

cls同様に3万円コースを合計すると11,900+13,300+580+640+200+500+1,500+300+3,000=31,920円

実際にはガッチョバサミやペンチはさみなど小道具が入りますのでかなりオーバーだな(^^;;

[一番上に戻る]