2003年12月の釣果OldNewHome

12月4日 須磨一文字

12月13日、14日 徳島小松海岸、宍喰、高知生見



ボウズ初めじゃ〜

12月4日 須磨一文字

 久しぶりに平日釣行をしてきました。場所は須磨一文字。やすさんと二人、カレイ狙いで6時から16時まで粘りましたが、全然でした。爆写掲示板に釣った魚の写真を乗せたいので、前日にカメラ付き携帯に機種変更したのにトホホです。

 僕とやすさんの二人で釣行すると雨が降るのがお決まりですが、当日は午前、午後とも降水確率0%。でも、以前降水確率0%で朝からどしゃぶりになった事があったので、心配してたのですが、雨が降る気配はなく、思ったほど寒くもなく「今日は大丈夫やな〜」と、安心してた午後2時ごろ、なんと漁船が一文字に垂直に激突。先端部分の破片が海に流れ、救援の船に引っ張られて港に帰っていきました。やっぱり嵐を呼ぶコンビやなぁ。

 右下に当日の潮汐が表示されない方はこちらを参考にしてください。

 

キスカウンターログを元に書き足しました

06:29:39:「とりあえず二本竿だし終了」
6時発の筈が、少し遅れて一番船が出発。一文字の端はやすさんに譲り、その隣で竿を出しました。

08:05:21:「ヒトデのみじやー」
最初の二本は内側、一本を外側に向けて投げましたが、外側はヒトデ、内側は何も釣れません。
でも、内側でハネ狙いと思われる浮釣りの方が平べったい魚を上げてましたが…(^^;;

09:34:00:「あかん」
やすさんの竿が大きく曲がったのですが、残念ながら巻き上げている途中根掛かりしてしまいました。うーん・・・タコかいな?

その後、一緒に船に乗っていた投げ釣りの方に話を聞きに行くが、全然釣れてないとのこと。キスの仕掛けを投げてサビいてみるが、トラギスしか釣れない。

12:37:57:「やすさんキスゲット」
一文字の端から延長方向に投げてた竿にキスが来たそうです。僕は今年は初キスがまだなのでかなりうらやましい。

14:06:20:「今、船が岸壁に衝突、びっくりした」
これはビックリしました。この波止は南側が高くなっており海が見えないのですが、 突然「どーん!」と言う大音響と共に揺れました。波止の上にいるやすさんは激突する瞬間を見たそうです。

14:40:59:「ガシラゲット」
港内に投げてた竿で、 ちっちゃいガシラを何とか釣りましたが、これじゃボウズと同じです(^^;;

15:47:12:「撤収あかんかった」
最終の16時まで粘ったのですが、全然でした。お腹が減ったので、ハンバーガーを駅前で食べてから帰宅。やすさん運転お疲れ様でした。



初キスじゃ〜

12月13日、14日 徳島小松海岸、宍喰、高知生見

 キス健さんチェロキーさんと徳島に行き、キス専門さんと釣りをしてきました。13日小松海岸で1時間ほど竿を出し3匹(今年の初キスじゃ〜遅)、14日は7時ごろから宍喰で28匹、ポイント「うどん屋下」のうどん屋で昼食を食べてから生見に行き9匹。計40匹でした。

 右下に当日の潮汐が表示されない方はこちらを参考にしてください。

 13日昼過ぎにチェロキーさんの車に拾ってもらいキス健さん宅に向かいます。チェロキーさんの車がチェロキーじゃないのでビックリ。かなり前に買い換えたらしい。

 キス健さんを拾って鳴門の餌屋さんで二日分の500円の餌を買い小松海岸に到着したのは4時ごろ。車が止まった正面の浜に入りますが、何となく釣れない気がします(^^;; 少し北側に場所を変えることにします。第一投でキスが3連(写真だと2匹しか見えないかも)。今年の初キスです。携帯で写真を撮り、さっそく爆写掲示板にUP。携帯の履歴を見ると撮影したのが16時43分、UPしたのが49分。6分も時間をロスしたようです。うーん携帯からのUPはめんどくさいですなぁ。あっと言う間に暗くなり納竿しました。

 その後キス専門さんのご自宅に向かいます。到着したら笑顔のキス専門さんご夫婦と、ご馳走、そして特大のなにやらめでたげな泡盛が出迎えてくれました。泡盛は口の中でシュワーっと炭酸ぽい感覚がありましたが、あれが名前の語源なのかな?キス専門さん(奥様?)が釣ったサヨリの開きがとっても美味しかったです。キス専門さんこだわりのサヨリ用の鉤を見せてもらったりして、投げ釣り?談義が弾みました。

 5時に起床して徳島県南に向かいます。最初に着いたのは宍喰の浜の北の端付近。通称「うどん屋下」と呼ばれるポイントです。早速竿を出しますが僕もキス専門さんも素バリ。遅れてきたキス健さんチェロキーさんは結局竿を出さずにポイント移動。浜の中央付近から少し南に歩きテトラでできた波止の間を抜きながら南に移動しながら釣る作戦です。

08:09:56:2計2尾
第1投から連で釣れました。 でも、当りはほとんど無く「巻き上げるとキスが付いていた」状態です
08:22:19:3計5尾
08:26:16:2計7尾
08:26:54:4計11尾
09:03:59:0計11尾
09:04:32:4計15尾
09:06:38:「面倒なので終了」
 今回、携帯を変更して最初のキスカウンターを利用しましたが、とっても入力が面倒。キスカウンターは古いEZ-Web(WAP1.0)にフル対応した機種でないと実用的でないようです。iモードや新しいEZ-Web(WAP2.0)に対応したキスカウンターをそのうち作成します。

 素バリが続いたので南に移動し写真の位置まで移動しました。 この場所は川に突き出た州で後ろは川です。

 少し右に投げるとフグの巣窟みたいで8本バリの秋田狐の仕掛けが3本バリになって帰ってきました。少し左に投げると最初に入った場所よりずっと型の良いキスが釣れました。このとき仕掛けにはネムリバリのモリゲンのキスZエボリューション6号を使った5本バリでしたが。投げ損なって右に投げたときにエダスが一本無くなっただけで、小さいフグが2匹口に掛かって回収できました。使い道によっては面白い鉤かもしれません。

 結局宍喰では28匹サイズは小さい物が多かったです。

 お昼が近づいて車のあった場所に戻りましたが、ビックリするくらいの汗をかきました。やっぱり南国ですね〜。その後、「うどん屋下」の裏にあるうどん屋に移動して昼食。皆さん山掛けうどんを食べていたので、僕も山掛けうどんを頂きました。

 昼食後は更に南下することにしました。風が無いのでサーファー天国の生見に行きました。海を見に行くとまったくサーファーがいません。さっそく竿を出すと、ポツリポツリですが大きなキスが良い当たりをくれます。でも、段々と日がかげってきて寒くなると共にあたりが遠のき、結局9匹しかここでは釣れませんでした。しかしながら離れて釣っていたキス専門さんは50匹ほどここで釣ったようです。


 

メインページへ